超高速レーザー加工機 SILAS L6型

超高速・高精度加工を実現したレーザー加工機

弊社が使用している炭酸ガスレーザー加工機、"SILAS L6型"。以下のような特長があります。

  高精度加工が可能
  高速かつ24時間稼働で短納期大量生産を実現
  主な加工材料は鉄(SPHC)

超高速レーザー加工機 外観 超高速レーザー加工機 寸法

超高速リニアサーボドライブを搭載

X-Y両軸にリニアサーボドライブを搭載し、
2軸同時で毎分300mの早送り速度を実現しています。
駆動機構に摩擦が無いので給油の必要が無く、
簡単な清掃だけで長時間加工精度を維持できます。
また、リニアサーボ軸を加工ヘッド上部に配置して、
スパッタや粉塵の影響を受けにくくしています。

高精度加工を支える堅牢フレーム

超高速加工を支えるために
堅牢なフレーム構造を採用しています。
これにより、毎分60mの超高速加工においても、
加工面が振動することがありませんので、
安定した高精度加工が行なえます。

堅牢なフレーム

ピンポイントリジョニング機能搭載

加工ヘッドが上がるのと同時に
横移動を開始する機能です。
効率の良いヘッド移動によりタイムロスを大幅に削減し、
加工時間の短縮をはかっています。

加工ヘッド
▲ページ上部へ戻る